購入レビュー

【男性用】乳首の透けにくい白Tシャツ選手権−最終決戦!分厚い生地で再比較してみた

こんにちは、みんくです

前回のこの記事を覚えていらっしゃいますでしょうか

男性が「白いTシャツ」をおしゃれに着こなしたい時、最大の障壁となる「乳首透け」問題

乳首がブラックで、乳毛がフサラーな自分と同じ悩みを抱えている人の一助となればという思いで、「透けにくいTシャツ」調査を進めてみました

 

ところが、こちらが用意した「仮想・黒乳首」こと「クロちゃん」の前に、手持ちの白いTシャツはほぼ全滅…

漆黒の悪魔め…

このままでは終われないという思いで、あらためて生地の厚い白Tを購入したので、リベンジマッチの最終決戦に挑みます!!

みんく
みんく
「クロちゃん」に負けたままでは同志たちに申し訳ないからね。「透けにくい白Tシャツ」を探してみせるよ

ヘビーオンスの3銃士を連れてきた

前回、黒乳首を相次いで透けさせてしまった教訓として得たのが、「生地の厚さ」でした

Tシャツの生地の厚さの物差しとなるのが、「オンス(oz)」と呼ばれる単位。面積に対する生地の重さ(約90センチ四方で28・35gの重量が1oz)となります

一般的なTシャツが3〜4oz、肉厚のTシャツが5〜7oz、二桁になるとスウェット並の厚さとなるようです

 

前回は「一般的」なTシャツでことごとく透けたため、今回はAmazonで肉厚の精鋭3枚を購入してきました

こちらですっ!
(エントリーナンバーは前回に引き続きなので5からとしました)

 

エントリーNo. 5
UnitedAthle(ユナイテッドアスレ)  プレミアム Tシャツ  6.2oz

 

エントリーNo. 6
Champion(チャンピオン)  ヘリテージ Tシャツ 7.0oz

 

エントリーNo. 7
Tshirt.st(ティーシャツ ドット エスティー)  スーパーヘビーウェイト 10.2oz

 

Tシャツでは肉厚とされる6.2oz〜10.2ozの猛者たちです

調査は前回と同じように、仮想黒乳首の「クロちゃん」をTシャツの胸の部分にいれて、撮影ボックス内で上から光を当てた条件で撮りました

画像加工はトリミング、角度調整、サイズ縮小のみとします

では、一枚ずつ見ていきましょう

(頼むぞ・・・)

⑤ UnitedAthle(ユナイテッドアスレ)  プレミアム Tシャツ  6.2oz

ユナイテッドアスレは1930年創業の名古屋のアパレルメーカーが出しているブランドです。「無地」と「生地の質」にこだわり、Tシャツのほかポロシャツやジャケットなども製造しています

こちらの商品はヘビーローテーションでも型崩れを抑えて使えるよう、厚手の生地を採用した同社の「マスターピース(傑作)」とか。

頼もしいキャッチフレーズですね!
お値段も974円(2019年5月、Amazon)と頼もしいですっ

▼クリックで「ユナイテッドアスレ」のAmazon取扱ページに飛びます

 

なんだか期待が持てそう!

さあ、早速「クロちゃん」と初対決です!

 

襟元からINしていきますね!

さあ、どうだー!

あれっ・・?
思ったより・・・透けてる・・・

6.2ozが…

マスターピースがこんなにあっさりと・・・?

「傑作」は、乳首透け防止に対してのキャッチフレーズじゃなかったのですね・・・

 

透け度 ★★★★★★☆☆☆☆ 6.0
(数値高いほど透ける。10が最高値)

 

 

⑥ Champion(チャンピオン)  ヘリテージ Tシャツ 7.0oz

先行き不安ですが、次にいきます

チャンピオンは説明不要でしょうか。
米国の老舗アパレルメーカーで、スウェットやパーカー、ジャージなどが得意。
袖や胸に「C」マークのロゴがあるのがポイントです

こちらの製品は身幅や袖がやや太めのシルエット。
オーバーサイズ、ビッグシルエットで着こなすとおしゃれ上級者さんですね!

商品名の「ヘリテージ」は「伝統、継承」を意味します。
チャンピオン社が培ってきた技術、文化を落とし込んだこのTシャツの真価が問われますね…

前回、親会社のHanes(ヘインズ)は「クロちゃん」にほぼ完敗。いわば親のカタキ討ち!

胸元へINしていきます!

 

 

おおっ、かなり透けが薄いですね!!!
目を凝らしてみても輪郭と色がうっすらと浮いているくらい!

生地の厚さはユナイテッドアスレの6.2ozとさほど変わらない7.0ozですが、結構差があるものですね

さすが米国が誇る老舗ブランドのディフェンス力といったところでしょうか。
これなら普通に着た際にはほとんど目立たなさそう。

心なしか、Tシャツのシワと「クロちゃん」が笑顔をつくっている気がしますね

少し安心してきました…

透け度 ★★★★☆☆☆☆☆☆ 4.0
(数値高いほど透ける。10が最高値)

 

⑦ Tshirt.st(ティーシャツ ドット エスティー)  スーパーヘビーウェイト 10.2oz

ついに真打登場です!

Amazonの商品紹介で堂々と「業界最厚」を謳っており、「スーパーヘビーウェイト」の名を冠しています。

持ってみると、Tシャツなのにずっしりとしています
まるでスウェットのようなごつさ・・・

がっしりした体格の人が着たらかっこよさそうです!

しかし、肝心の「対黒乳首透過防御力」はいかほどか…

頼むぞラスボス!
最後の戦い!

黒乳首をINNNNNN〜!

 

 

ぜ、全然透けてないーーーーー!
すげーええええ!!!

漆黒の「クロちゃん」を相手に、撮影ボックスの中で上からLEDライトびゃーっと当たってるのに、全然透けてない!

これはほんとすごい・・・
「業界最厚」に偽りなし!

「対黒乳首防御用最終兵器」に決定だ!

 

透け度 ★★☆☆☆☆☆☆☆☆ 2.0
(数値が高いほど透ける。10が最高値)

 

結論

いかがだったでしょうか?
今回の3枚を並べて比べてみますね

並べてみるとかなり違いますね!

ちなみに前回のシャツも再掲してみます。

うん

もうなんか透けているというより、胸回りが黒いです・・・

白いTシャツなのに黒い・・・
爽やかさはどこへ・・・

以上の結果を踏まえ

これまでの調査でわかった結論を出します!

✅白Tシャツは原則、生地の厚さによって「乳首透け」の度合いが変わる

 

✅「透け度」の物差しとなるのは生地のオンス数。7oz以上だとほぼ大丈夫

 

✅ただし、オンス数だけでは一概に言えない差も。糸の編み方や素材も影響する

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

7製品を比べてみて、一応の結論を導き出すことができました。

ちなみに執筆時にAmazonで少し調べたところ、7.0oz 以上の生地を使っている白いTシャツが見つからず、その上が10.2ozまで上がってしまいました。

この間があれば、もう少し厳密に透け度をチェックできたのかなと思います。

 

補足ですが、オンス数が上がるほど着た時に「暑さ」も感じることになります。
猛暑が続く中、買うのを少しためらってしまうかもしれませんね。

でも、何よりも優先して避けるべきは「乳首透け」です。背に腹はかえられません

 

今回のリサーチでは、漆黒の「クロちゃん」を使い、さらに撮影ボックスで上からLEDライトを当てるという白Tシャツにとって過酷な条件下でのものでした。

そのため、実際に着た状態より「透け度」は高くなっていることをご了承ください

 

 

そして、最後に再度これだけ言わせてください

「男の乳首透け」を防ぐのは身だしなみの一つであり、マナーです
あらゆる方法でディフェンスすべき

乳首の黒い人、乳毛が多い人、乳頭スタンドアップしている人ーーー!
気苦労も多いとは思いますが、一緒に死守しましょう!

▼「スラムダンク」より

 

おまけ:最後の3連戦で「クロちゃん」もお疲れモード…

 

▼ほぼ透けない白Tシャツ

 

▼「対黒乳首防御用最終兵器」はこちら


 

 

みんく
みんく
以上、「乳首の透けにくい白Tシャツ選手権」でした!メンズのみんなは「乳首透け」に注意しないとモテないぞ!ここまで読んでくれてありがとうね