購入レビュー

Apple Watch series4 NIKE+ 購入レビュー1日目「大きいは正義」

こんにちは、いつも左腕にApple Watchを巻いているみんくです!

2018年10月5日、Apple Watchの4代目「Apple Watch series4 Nike+」が新発売され、みんくの手元にも届きましたっ!

じゃーんっ!

その魅力を日々のレビュー形式で語っちゃいます

みんく
みんく
3代目から使い始めたApple Watchは今やみんくの生活必需品だよ

 

▼ 参考にさせていただいた「7日間レビュー」はこちら

Apple Watch Series4 7日間レビュー ーApple信者1億人創出計画ー

▼2日目以降はこちら

Apple Watch series4 NIKE+ 購入レビュー2日目「ホーム画面の進化」こんにちは、みんくです! 先日購入した「Apple Watch series4 Nike+」の魅力を日々のレビュー形式でつづるシリ...
Apple Watch series4 NIKE+ 購入レビュー3日目「ストレージ容量2倍で音楽聞きまくり」こんにちは、みんくです! 先日購入した「Apple Watch series4 Nike+」の魅力を日々のレビュー形式でつづるシリ...
Apple Watch series4 NIKE+ 購入レビュー4日目「新・ワークアウトの使い勝手を検証」こんにちは、みんくです! 先日購入した「Apple Watch series4 Nike+」の魅力を日々のレビュー形式でつづるシリ...

まずは開封の儀

今回、購入したのは「Apple Watch series4 NIKE+」の…

サイズ「44mm」
カラー・素材「スペースグレイアルミニウムとアンスラサイト」
ベルト「ブラックNikeスポーツバンド」
通信形態「GPSモデル」

注文するとやたら商品名が長くなりますが、要は「Nikeコラボの黒いGPSモデル」です

さらっと開封の儀を…



先代のseries3は封入時からベルトが取り付けられていましたが、4代目は別箱に封入されていました

外箱を梱包していた折りたたみ式のカバーは裏にApple Watchのイラスト入り

Apple Watch本体も、起毛素材のケースで保護されていました

 

1年で買い換えた理由

みんくは先代のseries3からApple Watchとお付き合いを始めました。ランニングでの使いやすさに惹かれたのがきっかけでした。

元々、ランニング時には専用の腕時計をつけて走っていたのですが、以下のような難点が…

✅ランニング腕時計はスポーティーすぎて仕事時に付けるのに抵抗がある

✅かといってランニング時だけ装着するのはやや面倒

✅走ったデータのやりとりなど、iPhoneとの連携が微妙

 

Apple Watchは3代目からSuicaや電子マネーとも連携できるようになったこと、そしてAirPodsが登場したことで「これってランニングのマストアイテムでは?」と思うようになり、ハートが急接近しました。

大好きなブランドNIKEとのコラボとくれば、買わない理由は…ない!
ということで2017年に3代目を購入したのでした。

 

この1年間、ほぼ毎日装着し、フルマラソンも一緒に走るほどの「同志」だったseries3
なのに、なぜ1年で買い換えたのかというと…

3代目は「画面が小さい」という唯一にして最大の不満があったのです!

 

大きいサイズの42mmケースをチョイスしましたが、男性が指で操作するにはやはり小さく、ストレスを感じていました。

series3の登場から1年。
満を持してケースサイズ、表示領域ともに大型化し、あっさり乗り換えてしまいました!

3代目と4代目にどのくらい違いがあるのか…
検証していきましょう!

series3との大きさ比較

百聞は一見に如かず…

いくつか比較画像を並べてみます。

左の小さい方がseries3(42㎜)で、右の大きいものがseries4(44㎜)です。
同じNike+モデルになります


 

いかがでしょうか?

実際のサイズはこんな感じになっています

 

series3(左) 表示領域=759㎟/ケースサイズ=縦42.5㎜×横36.4㎜

series4(右) 表示領域=977㎟/ケースサイズ=縦44㎜×横38㎜

 

表示領域にして1.29倍も大きくなりました
(ケースサイズは1.08倍)

 

実機を手に取ると、かなり大きくなった印象です

使ってみると、この大きさの恩恵をさらに体感できます!

実際の使い心地

指で操作した感じが全然違います!

例えば、3代目はロック解除画面で4桁の数字を押す際に謝って隣の数字をタップしてしまうことも多かったのですが、4代目は数字一つ一つの表示が大きいため、タップミスを起こしていません

タップエラーの大幅減少で、ストレスフリーに扱えるようになりました。

サイズ拡大による恩恵は、操作全般に言えることで、例えば…
・通知画面を上から下へスワイプ
・ミュージックアプリで次曲へタップ
・ランニング時に小休憩で時計を止めたい

などなど細かい操作感がぐっとアップしましたね。

とくに手の大きな男性はサイズ拡大の恩恵を感じることができると思います
(みんくは手の大きさが下の図で19.5cmあります)


▲出典「占いTV by cocoha 」

液晶画面の大型化で、視認性も高まりました。

アイコンや文字サイズも比例して拡大し、ランニング時でもぱっと見で画面確認できるので助かりますね。

画面は拡大したのに、腕に装着した感じは変わりません
というのも、ケースサイズは3代目と比べて縦2㎜、横1.6㎜しかアップしていないからです。3代目から乗り換えても違和感なく使えます。
(ちなみに重さは4.4g増)

▼4代目(左、画面に保護カバー付き)と3代目(右)の比較画像

まとめ

いかがでしたでしょうか?

「Apple Watch series4 Nike+」の購入レビュー第1弾として、新型で大きく変わったケースサイズと液晶の表示領域について紹介してみました

手の大きな男性や、ランニングなど動きながらApple Watchを操作する機会が多いアクティブな人は特に買い換える価値があると思います!

 

詳細スペックはApple公式のNike+特設サイトでどうぞ

▼Amazonで「Apple Watch series 4」を買うならこちらから

 

みんく
みんく
新型Apple Watchは断然使いやすくなったよ!ここまで読んでくれて、ありがとうね!