ブログ

「リライト」でPV・検索順位アップ!ブログ初心者向け効果とコツまとめ

こんにちは、みんくです。

みなさんはブログ運営で過去記事の「リライト」をしていますか?
記事は投稿して終わりではなく、そのあとに修正、加筆する作業が非常に重要です

うまくすると、検索順位アップやアクセス増につながります

また、自分の記事を客観的に見つめ直すことで誤字脱字や構成の甘さに気づき、執筆力アップも期待できます

良いことづくめの「リライト」について、自分と同じブログ初心者さん向けに意義と体験談、そのコツについてまとめました

 

みんく
みんく
リライト、リライトってよく聞くけど、実はあまり分かってなかったよ。最近、リライトの威力を身をもって知ったので紹介するね

 

リライトは「追い上げの切り札」になる

リライトとは何かー

それはただの「書き直し」にあらず

わかりやすく漫画「スラムダンク」のセリフを交えて、その意義と効果について説明していきますね

 

まず、この記事を読まれているブログ初心者の方をスラムダンクの主人公「桜木花道」としましょう。そして毎月数万、数十万のアクセスを集めるトップブロガーさんを「山王工業」とします

負け知らずの絶対王者…
熱狂的なファン…
百戦錬磨の経験…
「山王工業」は後発の初心者ブロガーにとって「原点であり最終目標」である存在です

 

▼「スラムダンク」より(以下同)

ブログを「試合」とするならば、アクセス数や検索順位は「得点」となるでしょうか

毎月のアクセスが3〜4桁の初心者と、月間数十万超のPVを叩き出すトップブロガーさんとの差は絶望的なくらいかけ離れています

 

トップブロガーとの圧倒的な得点(PVや検索順位)の差を埋める手段の一つが「リライト」となります

 

リライト作業においてまず重要になるのが「どの記事を書き直すか」

「そこそこ読まれているけど、アクセス数が伸び悩んでいる記事」を対象にするのがもっとも効果が高いとされています

元々アクセスがほとんどない記事にコストをかけるよりも、手を掛けてあげればアクセス増につながりそうな「潜在価値のある」過去記事をまず探しましょう

 

「アクセスが伸び悩んでいる」「潜在価値のある」記事をバスケで例えるなら、放ったシュート(投稿記事)が良い狙い(少アクセス)まではいったけど、ゴールならずリングにはじかれたという状態の記事です

潜在価値の高い記事を放置しておくことは、すなわち2得点のチャンスを失ったままにしておくことを意味(マイナス2点)します

 

ここで「リライト」の出番です!

このはじかれたシュート(記事)をフォローしてあげることで、まずマイナス2点がなくなる

そして、もう一度アクセスを集めるチャンスが生まれる

分かりますか?

あなたのリライトがうまくいったなら、それは・・・

 

 

あなたのブログにある、伸びしろを眠らせたままの過去記事を掘り起こし、加筆・修正し、アクセス増や検索順位アップにつなげる
それが「リライト」です

「リライト」がうまくいけば、山王工業との差を4点分、つまり普通の得点の2倍の速さで縮めることができるかもしれません

リライトの効果のイメージはつかめたでしょうか

 

新たに記事を書くよりも遥かに手間が少なく、効果が見込めるリライト

トップブロガーさんとの差を縮める大きなチャンスです
「どうだね?ワクワクしてこないかね?」

リライトしたら売上6倍になった話

ここからは自分の話をします

このサイト「モノコモ」で一番最初に書いた以下の記事を、投稿から2カ月後の7月末にリライトしました

無印良品よりコスパの高い「壁掛け式CDプレーヤー」

 

一番初めに書いたとあって、あらためて読み返してみると表現や構成に甘いところが目立っていました

それでも検索流入はまずまずで、当時唯一の売上(Amazonアフィリエイトによる紹介料)を残していました

117円だけですがね…

「4点分の働き」に淡い期待をもって加筆、修正を行ってみると・・・

 

なんと・・・

リライト後に
記事アクセス増!
商品クリック率増!
売上増!
…とトリプルアップ
につながりました!!

 

下の表をごらんください
記事内でプッシュしている「壁掛けCDプレーヤー」の紹介料の推移です

▼緑のグラフが紹介料、灰色の棒グラフがクリック数

リライト前は紹介料の発生どころかクリックゼロの日も続いていました

それが・・・

リライトした7月27日以降はクリック数が急増し、紹介料は15日間で5回、計738円!
なんとリライト前の6・3倍に増えました

 

さらにグーグルの検索順位も上昇しました

リライト前はグーグル検索の3ページ目くらいにあったこの記事が、なんと1ページ目に表示されるように!

アクセスが増えたから順位が上がったのか、順位が上がったからアクセスが増えたのか…
いずれにせよ、リライトの相乗効果を大きく実感することになりました

 

新たに記事を書こうと思ったら、ネタ探しから始めなければいけません。リライトならそこまでの手間をかけなくともアクセス増、検索順位アップにつなげることができます

すごいぞリライト!
先輩ブロガーさんがリライトの重要性を連呼する意味がよく分かりました

 

リライトのコツと注意点

万能感のあるリライトですが、いくつかのコツと注意点があるようです

初心者向けに簡単に紹介してみますね

リライトのコツ

リライトのチェックポイントです

✅誤字脱字、文字装飾を修正しよう

✅リンク切れしていないか、情報が古くなっていないか

✅不要な箇所は思い切って削除

✅検索用キーワードはタイトルや本文に的確に入っているか

✅画像、動画、表を追加してみる

✅見出しと本文との整合性を再確認する

✅似た内容の記事がある場合、統合できないか

✅分かりやすい構成、記事順序に修正

✅自分の体験を追記する

✅悩んだら「ライバル記事」と比較しよう

上から順に、初心者でも取り掛かりやすいように並べてみました
行き詰まったら最後の「ライバル記事と比較」で考えを深めてみてくださいね!

 

リライトの注意点

リライトにはいくつか注意点もあるようです

リライト前に必ずバックアップを取る

リライト後に検索順位が下がってしまった場合に復帰できるようにするためです。また、リライトの前後を比べることで、自分の執筆力・構成力を客観的に見直すのにも役立ちます。メモアプリなどにコピペしておくと良いと思います

 

記事タイトルは安易に変えない

記事タイトルを大幅に変えると検索順位が落ちることが多々あるようです。そこそこのアクセスや検索順位がある場合は、まず本文を手直ししましょう

 

記事URLを変えない

これもタイトルと同じで、URLを変えてしまうと「新記事」とほぼ同じ扱いになり、これまでのアクセス数の蓄積などがフイになってしまいますので注意しましょう

 

まとめ

リライトの意義と効果、そして作業のチェックポイントを体験談も交えて初心者向けに書いてみました

スラムダンクではこんな名言も飛び出します(一部画像修正)

新記事を投稿する時間がないという時にはリライトするだけでもPVアップにつながるのでおすすめです!

ぜひ挑戦してみてくださいね!

 

みんく
みんく
以上、ブログの潜在能力を高めるリライトについてでした。ここまで読んでくれてありがとうね!