ブログ

ブログ運営「3カ月の壁」の乗り越え方

こんにちは、みんくです

当ブログ「monocomo(モノコモ)」もスタートから無事に「3カ月の壁」を乗り越えることができました

いつも閲覧してくれるみなさん、通りすがりのみなさん、そして心強いブログ仲間さんのおかげです。ありがとうございます!

過去2度ブログで挫折した経験も踏まえて、「みんく流 3カ月の壁の乗り越え方」を書いていこうと思います

みんく
みんく
初心者ブロガーさんのお役に立てればうれしいですっ!

3カ月の壁とは

ブログ界に存在する「3カ月の壁」。それは…

まずは1日1記事を続けて100記事(100日)書こう!

Googleのクローラーに引っかかって検索候補に上がるまで3カ月かかる!

…こんな「定説」から生まれたようですね

▼歴戦のブロガー(アフィリエイター)さんもこんなツイートをされています

みんくの「3カ月運営報告」

まずは、みんくのこの3カ月(8月31日まで)の運営状況を振り返ってみますね

✅記事数   22記事

✅PV合計    3848PV

✅訪問者数  2118人

✅収益    3516円

✅twitterフォロワー数 312人

いかがでしょうか?

数字の評価は見ている人にとって違うかもしれません

ただ、自分はこの数字に誇りを持っています

実社会では何の発信力もなく、1円も稼げない(役職や収入は全て所属企業によるものと考えています)自分が、ブログ運営3カ月でこれだけの数字を叩き出したのですから

PVをドラゴンボールの「戦闘力」とするならば、3848PVはナッパ(戦闘力4000)と互角に戦えるくらいの強さです

Z戦士たちを壊滅的に追い込むくらいの力があると考えたら、すごくないですか?

記事更新は4〜5日に1度で、100記事には程遠いペース
それもGoogleアドセンスの申請に通ることができました

以前に散々はじかれたトラウマからも解放されました

使っているテーマは「JIN」です
SEO対策はほとんどしておらず、好き勝手書いてきました。てへへ

ちなみに3カ月が経過した最近、確かにGoogle先生の検索流入が明らかに増えています!

2度の挫折を経て、心がけたこと

みんくは過去に2度ブログを挫折しています

その経験から、3度目となるこの「モノコモ」では心構えを決めてから臨むことにしました

「継続」を第一目標に、ほんの少しだけ考えてみたことです

 

1.ゆるーいビジョンを持つ

挫折した過去2度のブログ運営…

いずれも「とりあえず」でスタートし、「なんとなく」フェードアウトしました

なので「モノコモ」では、短期・長期に分けて以下のようにゆるーく展望を描くことにしました

【短期ビジョン】 半年継続

どんな形でもいいから、半年はブログを継続すること

更新ペースも、

記事本数も、

記事の中身も、

一切こだわらず、ただゆるーく続けることだけ心掛ける

 

小さい頃から「毎日こつこつ」が苦手でした

「1日1記事」とブログをあえて義務化せず、自分を甘やかしながら継続させる作戦をまず立てました

【長期ビジョン】 3年続ける

どんなブログも「3年続ければ希少ブログになれる」というのがブログ界の隠れた定説のようです

この記事によると、ブログを2年以上継続できているのはわずか10%…

栄枯盛衰、魑魅魍魎のブログ界…

でも3年続ければ上位1ケタ%になれる!
3年続ければ自分の人生に何か残るものができるかもしれない!

こう考えるだけで、モチベーションがほんの少しだけ上がる気がしました

ブログって日常生活と同じで、目先のことだけに追われてしまうと結構しんどいんです

書くネタがないな…
更新する気が起こらないな…
昨日さぼったから今日は2記事書かなきゃ…

結局自分で自分を追いこんで、楽しくなくなって、断念してしまう…

 

ぼやーっとでもいいから短期・長期の二つの視野を持てれば、今の自分の立ち位置を見失いにくくなるんです

この時、数値目標を定めないことをおすすめします
理由は次に書いていきますね

2.数字にこだわらない

過去のブログ運営では、PV数や記事数にこだわっていました
それが逆に過度の徒労感を招き、結果的に早期の断念につながってしまいました…

PV数やtwitterフォロワー数を誰かと比べると「数字」に優劣を感じ、消耗してしまいます

あの人は儲かっていて羨ましい…
発信力が高くて羨ましい…

楽しみでやっていたはずのブログやSNSがいつしか優越感や劣等感を増幅させるだけの装置になってしまったら…続かないのも当たり前ですよね

 

 

右往左往することなく、数字を楽しめる方法を教えます

それは、数字で「遊ぶ」ことです

例えば、みんくはPVやフォロワー数を好きな漫画の数値に見立てて楽しんでいます
PVをドラゴンボールの戦闘力数に例えた先ほどのアレがそうですね

twitterのフォロワー数が増えてきたときはこんなことをしていました

今、フォロワーさんの数が300を超えたのでスラムダンクのキャラクターの身長に見立てることがもはや不可能に…

次は東京タワーとか、スカイツリーとか建物の高さにしてみようかなと考えていますが…無機質なのでもう少し愛着が持てる数字がいいかな…

 

みんく
みんく
数字にほぼ無頓着なみんくが「キリ番」や「大台」にこだわるタイミングが一つだけあるよ

それは、ブログ読者さんやフォロワーさんに感謝する時です

大台到達は、いつも見てくれる人たちにより喜んでもらえるタイミングです

8月には初めて1日100PVを超えた時にこんなツイートをしたら、通りすがりさんからもめちゃくちゃいいねをしてもらい、感無量でした

優しいインターネット…涙涙

もう一つ大事なことがあります
それは数字の向こうに、見てくれている「人」がいるということです

1PV、1フォロワーがあなたの画面の先にいます

どれだけ数字が増えても、誰か一人に伝える気持ちを忘れないでくださいね
一番最初に記事を書いた時の思い、ブログを始めた原点をずっと大切に

 

大黒柱を1本立てる

まずはゆる〜い気持ちで運営してきたこの3カ月。支えになる記事を1本書けたことが心の拠りどころとなりました

それが最初に書いたこの記事

無印良品よりコスパの高い「壁掛け式CDプレーヤー」 こちら、コストパフォーマンスの高い「壁掛け式CDプレーヤー」は、 こんな人におすすめです。 ✅CD...

心底惚れ込んでいるこの壁掛けCDプレーヤー
ブログ執筆時はこれでBGM流していますし、同様の機種をもう1台持っているくらい愛用しています…

音楽好きの誰かに使ってみてほしい、との初期衝動で書いた最初の記事

ブログ運営で困ったり、立ち止まったりしたときには初心に帰る意味で、よく読み返しています(そしてちょこっとリライト…)

 

おかげさまでPVも悪くないので、うちの「大黒柱」として活躍中

スラムダンクで例えると、湘北の攻守の要で強烈なリーダシップを持つ赤木キャプテンのような存在ですね

拠りどころとなる記事はPVや収益を稼ぐ「キラーコンテンツ」と置き換えてもよいのですが、自分の思いが詰まった「精神的支柱」となる記事がベストです

こうした記事を1本でもいいので、3カ月以内に書けたら気持ちがずっと楽になりますよ

 

「水平の力」を大事に

ブログ運営で欠かせないtwitterとの向き合い方も紹介しますね

 

以前読んだ本の中で「『3方向の力』が自分を成長させる」と書いてありました

自分を引き上げる「上」方向
横のつながりとなる「水平」方向
下から支えてくれる「下」方向

の3つの力のことです

この中で初心者ブロガーは特に「水平の力」を大切にすることをおすすめします

 

「自分を上に引き上げてくれる」有力ブロガーさんには最初はなかなか相手にしてもらえません

ビギナーなので当然、「下から支えてくれる人」もいません

大切にするべきは同じ立場(水平方向)の初心者ブロガーさん、それも同時期にブログを始めた「同期ブロガー」さんなのです!

自分の体験談はこちらで詳しくまとめています

初心者ブロガーが持つべきものは「同期」だと気づいた日。こんにちは、初心者ブロガーの「みんく」です ブログ開始から1カ月半が経過し、少しずつ運営が軌道に乗っている気がします ブログ...
ブログ記事は「図解」でもっと伝わる。かすみんさんに描いてもらって感動した話こんにちは、みんくです twitterでは最近「図解」が人気ですね ビジネスモデルや商品などをイラストでわかりやすく解説し、...

 

ブログ開始時期が1〜2カ月程度の仲間を募り、「同期グループ」にする。その中で切磋琢磨しながら、支え合いながらみんなで「3カ月の壁」に挑みましょう!

ブログからヒストリーへ

ひとつ、ゆるーく

ふたつ、マイペースで

みっつ、同じ立場の仲間と一緒に

これがみんく流の「3カ月の壁」の乗り越え方です

 

 

ブログは「ログ」(記録)です

続けなくちゃ意味がない

「ログ」は続けることで「ストーリー」になります
「ストーリー」は積み重ねると「ヒストリー」になります

有名ブロガーさんには「ストーリー」と「歴史」があるから憧れの対象になるのです

 

 

 

初心者ブロガーが運営を続けるための最後の砦、それは「楽しむ気持ち」です

目標達成や自己への挑戦を楽しめる人はスピーディーに沢山のPV・収益を手にできるかもしれません
でも、そうじゃない人は同じ立場の仲間たちと一緒に楽しみながら進めばいいと思います

“fast alone, far together.”

「速く行きたければ独りで行け、遠くに行きたいならみんなで行け」

この精神で一緒に頑張りましょうね!

みんく
みんく
3カ月の壁を乗り越えた先になにがあるか…。自分の目で確かめてみよう!ここまで読んでくれて、ありがとうね!